日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の会場を飾り付けることは可能?

オリジナリティ溢れた結婚式の二次会をしたいなら、会場を飾り付けるのはどうでしょう?華やかにもシックにも、やりたいテイストも思いのままにできますよ。飾り付けるにあたって、会場への確認事項や気をつけたいことなどをまとめてみました。

会場からの許可を取りましょう

二次会の会場を飾り付けるにあたって、会場の許可を取ることは必須です。会場によっては飾り付けを許可していない場合もありますのでご注意を。飾り付けを許可してもらえた場合も、飾り付けて良い場所をきちんと聞くなどしておきましょう。
また、飾り付けに使って良いアイテムも会場によって異なります。例えばセロハンテープや画鋲など、後から苦情を言われないよう細かいところまで事前に確認しておくことがベストです。

打ち合わせをしっかりしましょう

いざ飾り付けをするとなっても、しっかりとしたビジョンを飾り付けをする皆が共有していないとなかなか思い通りにはいかないものです。
事前に新郎新婦の意見を聞いたり、使うものなどの打ち合わせをしておきましょう。
飾り付けは当日にするか、会場の許可があれば前日などにするかと思いますが、新郎新婦自身が飾り付けをすることは難しいかと思われます。幹事や飾り付けを担当してくれる友人をしっかり決めてお願いしておくようにしましょう。

用意するものは早めに準備しましょう

日にちが近づいてから飾り付けに使うものを集めるのは難しくなります。打ち合わせの段階で何がどのくらい必要かを明確にし、事前に準備しておくと良いでしょう。
いまは完成の写真を見てネットで買うこともできますのでうまくネットを使いながら準備することをおすすめします。

素敵な飾り付けで、二次会に華やかさをプラスしてみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます