日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

会議後の懇親会にふさわしい挨拶は?

はじめに

懇親会には、自社の人間だけではなく他社の方も参加される事はよくある話です。そんな中懇親会の乾杯の挨拶等を依頼されると、ついつい何を話せばよいのか…と戸惑ってしまいませんか?そこで今回は、会議後の今回会にふさわしい挨拶についてポイントを交えてご紹介します!

出来る限り挨拶は短く!

よく、短い文章では来て下さった方に失礼にあたるのでは…?と言う言葉を耳にします。しかしながらそれは大きな間違いです。長時間の会議後に、ようやく飲み物や食べ物を口に出来る場においてダラダラと長文を話されてはイライラしてしまう人も少なくありません。締めであればともかく、会議後における懇親会はじめの挨拶は短くスマートにまとめましょう。

懇親会の目的を認識しよう!

何故多くの方が懇親会に参加するのか、というとそこに目的があるからですよね。異業種交流会であれば、自分以外にもこんな仕事をしている方がいると知る事で視野を広げよう!ですとか、同じ業種の方であれば、問題が起こった場合の対処法を知り自分の仕事に役立てよう!等、沢山の方と共にご飯を食べ、お酒を飲む意味を挨拶の中へ簡単に盛り込みましょう。

最後は定型句を使用して!

前述した内容がまとまっていれば、最後は合えてお決まりの文句で会を始めるパターンがどなたにも分かりやすいと思います。“それでは皆様のますますのご健勝とご活躍を祈念致しまして、乾杯!”といった形で、会自体、もしくは参加者の方の発展や活躍を願う句を入れ、盛り上げつつ乾杯の挨拶を行いましょう。

まとめ

要点さえつかんでしまえば、挨拶に悩まされる必要はありません!懇親会の挨拶を依頼された時には是非本記事を参考にしてみて下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます