日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クラス会の幹事必見!進行についての3つのポイント

久しぶりに同窓生が集うクラス会。懐かしい仲間と昔話で盛り上がったり、憧れの人と再開したり、まるで学生時代にタイムスリップしたような楽しい時間が過ごせます。
そんなクラス会の幹事を任されたとしたら、当日の進行はどのように取り仕切れば良いのでしょうか。以下に、クラス会の進行について、ポイントを3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

和やかなムード作りを心がけよう

久しぶりに会うメンバーが多いクラス会では、最初はどうしても緊張した雰囲気になりがちです。進行役の気の利いた一言で、ぜひ和やかなムードに持っていきたいところですよね。開会のあいさつでは、懐かしい笑い話などを盛り込んで、参加者の緊張をほぐしてあげましょう。

ゲストの紹介は忘れずに

当時の担任の先生がご参加いただける場合などは、ぜひ会の冒頭で紹介を入れましょう。また、参加が難しい場合はメッセージなどを事前にもらっておき、代読で紹介するなどしても良いかもしれません。

感動系のプログラムで締めよう

会の最後は、懐かしさで感動できるようなプログラムが望ましいでしょう。難しく考えなくても、当時合唱祭で歌った歌を全員で歌うなど、簡単なもので良いと思います。学生時代の思い出がよみがえるようなプログラムを考えてみてくださいね。

まとめ

クラス会の幹事は、事前準備から当日の進行まで、想像以上に大変だと思います。上記を参考にしていただいて、参加者が楽しめる会になるように頑張ってくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます