日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ちょっとイイトコ見せたいから。バーベキューの着火のコツ

暖かくなりバーベキューも楽しい季節ですね。楽しいバーベキューですが一番最初に大仕事が待っています。そうです、火おこしですね。火おこしがスムーズに行かないと、メインのバーベキューが台無しになることも・・・。逆に火おこしがスムーズにいって、「さすが!」と言わせたいですよね。ここでは、バーベキューの着火のコツをご紹介します。

着火の方法

着火の方法はいくつかあります。

1.着火剤を使う
ホームセンターなどで、炭と一緒に売られています。着火剤というだけあって、比較的簡単に火が着きます。しかし、炭に備長炭を使う場合は着火に火力が必要なので、薪を併用しましょう。

2.火おこし器で
バーベキューグッズで、「火おこし器」があります。火おこし器に、炭と着火剤や新聞紙などを入れて火をつけると、簡単確実に着火できます。

コツをつかもう!

炭の置き方にもコツがあります。それは、空気の通り道を作ることです。ただやみくもに炭を積んで着火するのではなく、隙間を開けることが肝心です。

うちわなどで扇いで空気を送ってもいいのですが、その手間が省ける方法を一つご紹介します。
固く捩った新聞紙を井形に組み、その周りに炭を積みます。組んだ新聞の下の方にに火をつけます。これだけで、積まれた炭の中では上昇気流が発生して、自然と空気が流れ込みます。楽して着火できますね。

コツさえつかめば意外と簡単に着火できます。ササッと着火できれば、株があがること間違いなしです!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます