日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

話題のお正月用お菓子詰め合わせとは?

普段なかなか帰省できない方も、お正月には実家に帰るという方は多いのではないでしょうか。
帰省といえば手土産ですが、これがなかなか難しいですよね。
そこで、お正月用お菓子の詰め合わせとして、いくつかご紹介したいと思います。

和菓子

日本の文化として親しまれている和菓子ですが、若い方には却って斬新なのではないでしょうか?
和菓子の魅力は、四季折々の趣を楽しめることと、冷蔵しなくていいものや日持ちするものが多いことです。
特にオススメなのは、和三盆(干菓子)です。
軽くてかさ張らず常温で日持ちもするので、お正月の帰省にはもってこいです。
鶴や門松、干支など、めでたい物を型どった色とりどりの和三盆なら、見た目にも楽しく喜ばれるでしょう。
あまり日持ちはしませんが、動画のような練り菓子もいいですね。
百貨店でも気軽に購入できますし、京都錦市場のあづま屋さんでは、お正月に200~500円のお手頃サイズ&プチプラの和三盆が販売されているので要チェックです!

洋菓子

小さなお子さんが多い場合は、定番の洋菓子が喜ばれるでしょう。
今回ご紹介するのは、京都北山に本店を置くマールブランシュさんのお菓子です。
毎年シーズンになると、「マールブランシュの福寿 お正月コレクション」という商品が販売されます(期間限定)。
お正月にちなんだモチーフのお菓子の詰め合わせで季節感があり、見た目にも楽しい商品です。
また「京遊記」という、お好みに合わせてお菓子を自由に組み合わせることのできるギフトスタイルの商品もオススメです。
重箱のような菓子箱がオリジナル風呂敷で包まれており、雲のレリーフが印象的なパッケージですので、お正月らしく豪華な見栄えになります。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます