日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

岩手山ハイキングで紅葉巡り

岩手山といえばハイキングで有名ですよね。今回は岩手山でのハイキングで紅葉巡りをするときのポイントをご紹介します。

岩手山とは?

岩手山は、岩手県の北西に位置していて、南部富士、岩手富士、南部片富士などを総称していいます。岩手山は岩手県を代表する山のひとつに数えられています。山のある地域は、八幡平市や滝沢市、雫石町の3つの都市に広がっています。また東西に噴出した成層火山でもあります。北緯40度の位置にある岩手山は、日本一四季や紅葉の見どころとして知られています。秋になれば紅葉のみならず、さまざまな草花が咲き乱れるのではキングに最適です。

岩手山ハイキングコース

岩手山は、西側から見ると複雑な形状をしており、普通の山の形をしている方角からハイキングをするよりは、複雑な道を選んだほうが、ハイキングの楽しみは倍増するでしょう。また、ハイキングのコースは決して歩きやすいとはいえませんが、秋の紅葉を見物したり、お友達や夫婦とでかける場合は、紅葉をバックに写真を撮ると良い記念になるでしょう。

ハイキングに疲れたら?

岩手山にはリフトがありますので、天候の良い日を選んでハイキングで頂上まで登ったあとは、リフトに乗ることで、足や身体の疲れがほぐれてきます。もちろん帰り道もハイキングでも良いですね。秋の紅葉を満喫して、一日の目のほうようを行うことができます。

まとめ

岩手山は複雑に入り組んださまざまな山で構成されていますが、秋の紅葉シーズンには多くのハイキングをする人が訪れます。体調管理を万全にととのえてから、岩手山に登る計画を立てましょう。途中で気分が悪くなったら計画を中断するか、少し休憩時間を設けてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます