日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

余興を頼まれたら 新年会で使えるネタ

毎年、新年会の季節になると、新入社員やクラスが上がった方は、余興を頼まれるとネタ探しに苦労することが多々ありますよね。できるならば、自分に向いているネタをやるか、自分のキャラクターを壊してまでネタを演じきるか、悩みどころですね。今回は、新年会で使える、余興を頼まれたときに使えるネタをご紹介します。

声帯モノマネをしてみよう

声帯モノマネができる方はごくわずかですが、できる人は得意中の得意なので、バリエーションを幾つか、新年会で披露してみると良いでしょう。そのためには練習は欠かせませんよね。車のエンジン音や走る音、虫や動物、バイクをふかしたときの音などのモノマネを練習しておきましょう。できないと思っている人でも案外とできるかもしれません。

音楽に合わせて踊ろう

アイドルグループの歌とダンスを2人から3人で行うと、新年会は盛り上がります。なるべくのりの良い楽曲を選んで、なるべく皆が知っているような有名な曲を選択しましょう。新年会の前に、踊ったり歌ったりする練習が要りますが、アイドルグループの曲を1曲でも仕上げることができると、次の飲み会や忘年会にもネタとなり得ます。

モノマネが特技なら

有名な芸能人や新語・流行語大賞にノミネートされた「STAP細胞はあります」や「号泣会見」などのフレーズを言うだけでも新年会は盛り上がります。ときには、号泣会見は顔真似をしてみるともっと会場が沸き立つでしょう。

まとめ

新年会で、余興を頼まれたら成功させるまでに練習が必要ですが、ほかの皆を楽しませることを目標として、毎日鏡に向かって変な顔をしたりモノマネの練習を行ったりして、ネタを完璧に仕上げましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます