日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

新年会の出し物のネタ

新年会の季節には、幹事さんは出し物のネタに困りますよね。毎年同じネタを行うわけにはいきませんし、なるべく鮮度のあるものを探したり考えたりしたいものです。今回は、新年会の出し物のネタについてご紹介します。

目隠しゲーム

目隠しをして鼻をふさいだ状態で、口に食物を食べさせて、それが何であるのかを当てるというクイズ形式のゲームです。参加する人は全員アイマスクで目隠しをします。面白みのある絵柄のついたアイマスクだと盛り上がるでしょう。答えが正解であれば、景品を用意したり、間違えたなら罰ゲームを与えたりすることができます。

ピンポン球を使おう

このゲームは透明のボウルにピンポン球を入れます。それからスタートの合図があったら、参加者はボウルのなかのピンポン球をボウルの外へと息で出していくという、いたって簡単なゲームです。すべてのピンポン球を外へ息で出した人が優勝ですので、何かしらの景品を用意しておくと良いでしょう。

目隠しで足踏み

この出し物は、目隠しをしたうえで足踏みをするというシンプルなゲームです。自分は動いていないと思っていても、何かしらの動きをしてしまうものです。目隠しをしたあと、1分間くらい強く足踏みをします。あらかじめ作ったテープから、一番距離が少ない人が優勝です。

まとめ

このように、新年会の出し物のこのほかにも、ネタはたくさんあります。会社の雰囲気や同僚・新入社員の下調べをして、どれが一番盛り上がるかという要素を確認しておく必要性がありますので注意が要ります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます