日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

新年会の挨拶のネタ

新年会の挨拶は、冒頭の挨拶と最後の締めはあらかじめ指名をもらっている場合が多いので、ネタはしっかり仕込んでおきましょう。また、突然の指名があってもちゃんとした挨拶できるよう、ネタはいくつか持っておきたいものですよね。

開会の挨拶

開会を飾る冒頭の挨拶は格調高く、縁起のイイ話からスタートしましょう。会社関係なら昨年度の業績披露や今年の目標、そして今年計画されている事業など景気のいい話を紹介します。新年会での発表となると社員の意気も上がります。縁起モノでは、その年の干支にちなんだ話がイントロとしていいでしょう。ネタ的には、たとえばヒツジ、縁起と二語検索をすると「ヒツジの夢」など、いくつも出てきます。

閉会の締めの挨拶

この時点ではお酒も回り宴もたけなわ状態です。ネタ的には少しくだけて、新年会の盛り上がりが今年の活況を予言していると持ち上げます。そのためにはみんなの協力が必要であることを強調します。締めくくりは健康ネタが最適です。自分自身の健康管理方法の紹介など交えながら、全員のこの1年の健康を祈念します。最後に、この新年会の成功は今回の幹事のお陰と褒めたたえます。

突然の指名!

新年会では宴会の様子を見て、幹事から突然の指名があることは覚悟しておきましょう。場をもっと盛り上げたい時、また余興の1つでも欲しい時に指名される場合もあります。新年会には付きもののテーマは抱負。自分の語れる抱負のひとつふたつは持っておきましょう。趣味、健康、仕事、生活などから楽しい抱負を述べます。全くない場合は一瞬芸でごまかします。

まとめ

格調高い新年会から愉快な仲間うちの新年会までいろいろありますが、状況に応じ、時事や流行語、重大ニュースなどトピックスがはさめるように、日頃からネタの下ごしらえはしておきたいものです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます