日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

東浦のぶどう狩り・食べ放題スポット

毎年、ぶどう狩りの季節には、お子さんを連れてのぶどう狩りを楽しむことができます。近くにぶどう狩りがあるご家庭も、少し離れた距離にぶどう園がある場合も、一生に一度はぶどうを自分で摘み取ってみませんか。今回は、東浦のぶどう狩り・食べ放題スポットをご紹介します。

大西ぶどう園

ぶどう園が開かれている期間は、8月上旬から9月下旬ですが、ぶどうがなくなったら終了してしまいます。営業時間は午前9時から午後6時までです。交通アクセスは、電車で歯JR大府駅からタクシーで10分ほど、JR尾張森岡駅から徒歩で25分ほどです。車での来園は、知多半島道路東浦知多ICから10分ほどです。また、大府東海ICからは15分ほどです。デラウエア、巨峰、種なし巨峰、種なしピオーネなどのぶどう狩りができます。

石田農園

デラウエアの甘みが強いことで知られている農園です。種なし巨峰の糖度も高く甘いぶどうが特徴的です。期間は8月上旬から9月下旬となっています。巨峰のぶどう狩りは、8月21日から9月下旬までですが、予約が必要です。品種は種なし巨峰であり、収穫のみのもぎとりコースを設けています。

知多波ぶどう園

巨峰ぶどうを産地直売しているぶどう園ですが、地方への発送とともに、ぶどう狩りもできます。シャインマスカット、ベニバラオーなども時期になると実ります。予約の受け付けは8月1日からとなります。

まとめ

愛知県東浦には、このほかにもたくさんのぶどう狩りができる農園が存在しています。食べてみたいぶどうを栽培しているところへ、ぶどう狩りにでかけてみませんか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます