日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハイキング サークルで山登り【関西編】

現代では山ガールがとても流行りを迎えていますね。新しくハイキング・登山サークルに入る女性も多くいますよね。今回は、サークルで山登りができる、関西の山やハイキングコースをご紹介します。

サークルとは?

西日本の山やコースをハイキングをしたい方は、主に関西や西日本で活動しているサークルに入りましょう。なるべく一人浮かないような同年代の仲間がいるサークル選びをすると良いでしょう。また今まで登った山・ハイキングコースが分かるサークルに入ると、目指したい山やコースを仲間と歩くことができます。

石切山

石切山(282m)を中山登山口経由で山登りするケースでは、全行程は約8kmとなっています。最寄り駅は阪急山本駅からハイキング開始です。最明寺滝から中山登山口、満願寺を通って、石切山登山口に出ます。それから歩いて石切山に着いてから釣鐘山を通って、川西能勢口駅までのコースになります。

須磨アルプス

須磨アルプス(312m)は全行程が7.5kmあります。出発は山陽須磨浦公園駅をスタートし、高倉山を通過し、文太郎道から横尾山、そして須磨アルプスへ辿り着き、板宿駅まで歩きます。加藤文太郎という地名は、大正・昭和初期の登山家のパイオニアとして知られている存在です。加藤文太郎も、このコースを歩いたとされています。

まとめ

サークルに参加してはじめてのハイキングでは、皆となじむことも必要ですが、登山を無理に決行しないで、歩ける範囲で楽しく歩きましょう。登るための山やハイキングコースはたくさんありますので体調と相談をして決めてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます