日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ダーツのアレンジの仕方

ビリヤードを上達させるために必要になってくる知識の中に「アレンジ」というものがあります。アレンジを知っておかないと試合の最終局面で逆転されてしまったり、思わぬ展開が待っていたりと、ダーツがもっと楽しくなるようなテクニックがあります。そこで初心者にもわかりやすい簡単なアレンジの方法について紹介します。

アレンジの最大のコツは「ボードを知る」ということ

アレンジを行う際のテクニックとして必要なには、ダーツボードの偶数と奇数の位置を完全に把握しておくということです。よく見てみるとダーツボードの下のほうには奇数が4つも並んでいうゾーンがあったり、偶数が連続して並んでいるところも複数個所あります。上級者レベルになってくると使い分けしなくてはいけないところもあるので注意が必要です。初心者の方はなかなか覚えるのに時間がかかるので、偶数と奇数の固まっているゾーンを把握しておくだけでも上達することができます。

厳しいルールの時に知っておきたい偶数の活用法

ダーツルールの中に「ダブルアウト」というルールがあります。これは必ずダブルでないと上がれないというルールなのですが、上りが近くなるにつれて偶数のボードを中心的に意識することが大切です。覚えておかないとリードを保っていたのに追いつかれてしまっては意味がありません。

ダーツは数字と向き合っていかなければいけない世界なので、いろんな場面で数字に気を使う必要があります。アレンジの基本を学んでおくだけでも上達に一歩近づくことができます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます