日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

多摩川大会の場所取りと混雑時間

毎年、約20万人近くも動員する「多摩川大会」。
それだけの人を動員するのですから、場所取りは必死になりますよね。
多摩川大会の詳しい日程やプログラムはまだ詳細は出ていませんが過去のデータや参加した人の体験などで混雑する時間などある程度は予測をすることは出来ます。

多摩川大会は8月中旬〜下旬

大体ですが、日程としては毎年8月の下旬と思ってもいいかもしれません。
会場の予想ですが、多摩川の河川敷と二子玉川公園内。
この2つはほぼ例年通りかなと思います。

混雑してくる時間帯は?

予想としては18時頃からは、よちよち歩きみたいに前に進めないほどに混雑すると思われます。
早い方は15時位から場所取りをすでに終えて待機したりしてますのでどうしてもベストスポットで花火が見たい方は早めにブルーシートで席を確保し、友達と代わりばんこで留守番をするといいでしょう。

ルールとマナーを守りましょう

杭を打ったり、場所取りを終えて、誰もいないような状況はマナーとして認められていないようです。
そして打ち上げ開始時刻くらいになると入場制限もかかることも。
入場制限がかけられたにも関わらず無理やり入場するなどはやめましょう。
遅くても18時前までには入るようにして下さい。

帰りはどんな状況?

多くの方が帰路につくわけですから、身動きがほとんど出来ないと思います。
スムーズに帰りたいのでしたら、しばらくお酒など飲みながら時間を潰したほうが良いかもしれません。
あとは、主要駅に向かうのではなく、のんびりと散歩がてら歩く時間を増やすなどするとストレスなく帰路につくことが出来るかもしれませんね。

まとめ

多摩川大会の場所取りの時間帯と混雑する時間帯でした。
ブルーシートを敷くことが出来るのは15時以降からですのでそのくらいの時間帯から場所取りに動いても十分に間に合いますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます