日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バーベキューのプラスチックのお皿とっておき術

バーベキューの時って、タレやら焦げやらで、お皿がけっこう汚れますよね。そんなバーベキューの時のお皿…どうしますか?

素材

バーベキューの時に使うお皿の素材を決めましょう。
紙皿…[良い点]使ったら捨てるので、洗う手間が無い。[悪い点]紙なので厚みが無く食べ物を置きにくい。
プラスチック皿…[良い点]固いので食べ物をのせても安定している。タレがこぼれにくい。[悪い点]後片付けで洗わなければならない。
メラミン…[良い点]軽い。しっかりしていて割れにくい。汚れにくい。[悪い点]後片付けで洗わなければならない。
◎紙皿は使い捨てができるので楽ですが、プラスチックやメラミン素材の皿の方が使い勝手やエコには良いみたいです。このプラスチックやメラミン皿の悪い点が改善されたら文句なしですね♪

悪い点を改善する

プラスチックやメラミン素材の皿の悪い点は共通して「後片付けで洗わなければならない」です。
先に書いたように、バーベキューではタレや焦げその他に油汚れが付き物です。そして、この素材は、食器用洗剤を使って洗ってもなかなかキュッ!としない気がしませんか?
それならば、使用する前から対策をしておくのはいかがでしょうか。
予めお皿をラップで被ってしまえば、お皿に汚れがつきません。

☆アウトドア用品を扱うショップで、バーベキューに最適なプラスチック素材で色んな形や大きさのお皿やフォークがセットになっている物があります。もし、なければメラミン素材もおススメですので一度ショップに足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます