日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

草野球のトレーニングでボールを使わない練習法

自分たちの身近なチームで簡単な野球を行おうと思ったら、一番簡単にできるスポーツが「草野球」です。草野球チームは年々増えてきており、近年ではシニア世代の方でも気軽に参加できるような野球の形式としても人気が高まっています。そんな草野球を上達させていくために重要なボールを使わない練習方法について紹介します。

初心者でも始められるのが「素振り」から!

草野球に限らず、野球未経験の中であったら最初にぶつかる壁はボールを打つ時のフォームになってきます。このフォームがしっかりしていないとなかなか本番でも活躍の場面を見せることができません。なので素振りはしっかり丁寧にやる必要があります。ただ単に素振りをやるというよりは、フォームを自分なりに変えてみたり、新しいスタイルでの振り方について興味を持ってみることが大事です。

筋トレが最大の武器

野球において大事なのは、自由に動けるフットワーク力です。フットワークがなっていないとなかなか機敏な動きをすることができないため、自分にも悪影響を及ぼしてしまうことがあります。これを拭うために「反復横跳び」の基礎練習を充実させていくといいでしょう。基礎的な練習は積み重ねることでいつか自分の強みになってくれるものです。

ボールを使わない練習方法はたくさんあるのですが、何よりも自分のコンディションに合わせた練習方法が効果的です。初心者の方だったら体感を鍛える簡単な運動から始めてみてもいいでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます