日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリングで千葉一周旅

千葉県のツーリングコースには、海の幸がいっぱいです。

房総半島一周

京葉道路にはいって武石、貝塚を通過して東金道路に入り、東金ICで降りてから東金九十九里有料道路へ入ります。次に九十九里有料道路に入って左手に海を見ながら走ります。約1時間半ほどの距離の一宮休憩所で小休止をします。一宮休憩所の後、すぐに一般道になります。鴨川シーワールド、道の駅「ローズマリー公園」、道の駅「潮風王国」を通過します。そこから房総半島最南端の野島崎までは約15分です。野島崎からはまっすぐ館山を目指して館山バイパスへ。金谷港、宮野木を過ぎて京葉道路で帰路につきます。

房総道の駅巡り

千葉市から297号で道の駅「あずの里いちはら」へ。小さなバイク駐車スペースが用意されています。そのまま南下して鋸南町吉浜の道の駅「きょなん」と、道の駅「富楽里とみやま」、枇杷で有名な道の駅「とみうら」へ。もう少し行くと道の駅「おおつの里」があります。足湯のある道の駅「三芳村」への道路はあまり整備されていません。そのまましばらく走るとしばらく南に走るとフラワーラインがあり、それに沿って植物園がある道の駅「南房パラダイス」があります。次は、南端の道の駅「白浜野島崎」、そして同じく海沿いにある道の駅「ちくら・潮風王国」、次におしゃれな道の駅「ローズマリー公園」と道の駅「和田浦WA・O!」、道の駅「鴨川オーシャンパーク」、道の駅「ふれあいパーク・きみつ」、道の駅「たけゆらの里おおたき」を経て香取市に入ります。そのまま市原に向かいます。

千葉県には道の駅が全部で23箇所あり、それぞれに魅力のある特色を出しています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます