日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

札幌のさくらんぼ狩り・食べ放題スポット

さくらんぼ狩りの時期は、だいたいが初夏ですよね。夏の旅行の前に、一足先の家族旅行にさくらんぼ狩りを体験してみてはどうでしょうか。今回は、札幌のさくらんぼ狩り・食べ放題スポットをご紹介します。

佐々木果樹園(定山渓わいわいふぁーむ)

定山渓わいわいふぁーむでは、さくらんぼ狩りのほかにもいちごなどの果物狩りができます。釣り堀コーナーもありますので、小さなお子さんを連れて行くことで、1日楽しめます。北海道の自然あふれるなかで、自分の手でさくらんぼを採ってみませんか。体験学習やスローツーリズムを推奨している農園です。

内藤果樹園

札幌市南区藤野493番地にあるさくらんぼ狩りが楽しめる果樹園です。さくらんぼ狩りができる時期は、6月下旬から7月下旬までとなっています。また、園内では水車で動くかわいらしいキャラクターが迎えてくれます。アクセスは、札幌市内から国道230号線を定山渓方面へ走らせると、車では約30分で着きます。

篠原果樹園

札幌市南区にある観光果樹園です。さくらんぼ狩りができるほか、時期になるとプルーンも狩ることができます。コンセプトは体験果樹園だとしています。甘酸っぱいさくらんぼからとても甘いさくらんぼまで、さまざまな種類を育てています。料金は、大人は800円、幼児は400円となっています。また、持ち帰ることもでき、100gあたり160円です。運営時間は、午前9時から午後4時までです。

まとめ

お子さんを連れてのはじめての果樹園には、歩きやすい靴で行くことをオススメします。地面は思ったよりデコボコとしていますのでお子さんから目を離さずにお気をつけてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます