日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【サバゲー】初心者でも使いやすい p90とは?

サバイバルゲームに使われるエアガンは戦争で用いられるあらゆる銃器の設定に忠実に、その造形を象られています。そのうち、特殊な立ち位置を持つ「p90」と呼ばれる銃を紹介します。

実銃としてのp90

テロリストによる活動が問題視され始め、対テロ戦争は占拠された建物・施設内で行われることが多くなりました。密閉された空間の中でそれまでの機関銃は大型で取り回しが悪く、特に「アサルトライフル」と呼ばれる銃は人体を貫通する威力が高いことが仇となり、テロリストに捉えられた人質ごと射殺してしまうリスクも生じました。

狭い空間で、かつ近距離での戦闘に特化した機関銃(マシンガン)があれば、この状況で高い実績を得られるだろう、というアイデアから開発された銃がこの「p90」です。

サバゲー装備としてのp90

全体での重量が2kgあまりと、機関銃の中でもかなり軽く、コンパクトなので取り回しも効くことから、サバゲー初心者のメインウェポン(主に使う銃)として採用される機会が多いのです。

また、オプションパーツ(外付けして強化する部品)の豊富さも魅力です。サイレンサー(消音器)を銃口につけることで銃声から位置がばれにくくなったり、スコープがついているものは照準に赤い点がついてあり、そこに対象を合わせることで命中率が安定します。

拳銃のような取り回しの良さ、マシンガン本来の速射性、スナイパー銃にも使われるスコープによる命中精度これらを兼ね合わせた高性能さが初心者向けの理由なのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます