日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

招待状の印刷を格安で済ませる方法

はじめに

レイアウトに拘る、文字の書体や文面に拘るなど、招待状を作成する際に印刷代が高くなってしまう事はよくありますが、安く済ませるために、いまいちどんな事をしたらいいのかわからない、なんて方はいらっしゃいませんでしょうか?そこで今回は、招待状の印刷を格安で済ませる方法についてご紹介いたします。

宛名印刷を行わない!

まず、安く済ませるための最重要ポイントは「なるべく自分で出来る事は自分でする!」です。そこで印刷代カットの秘訣は宛名印刷を行わず、自分で手書きする事です。宛名印刷は費用対コストを考え印刷会社にお願いする事が多いのですが、オプション料金がかかる事がほとんどで実は印刷代アップの原因のもとです。出来る限り安くするのであれば、自分で宛名の記載は行いましょう。

封筒ではなくハガキタイプに!

一目で見てわかる印刷代アップのポイント、それは紙の枚数です。発注枚数が多ければ多い程安い、何てことはもちろん無く、100枚、1000枚と印刷枚数が増える程コストがかかります。さて、100枚印刷する場合でも、封筒とハガキタイプで大きく違う部分は紙の数です。封筒ですと、中にも招待状の詳細を記載した紙を入れなければならないため、ハガキと比べて紙の数は倍、つまり極端な話コストも倍かかってしまいます。出来る事なら1枚で事足りるハガキタイプを選択しましょう。

納期にはなるべく余裕を持って!

イベントの詳細は決まっているにもかかわらず招待状の発注まで手が回らなかった。なんていう話をよく聞きますが、現在は印刷会社も最短1日で納品してくれる素早さを持ち合わせています。しかしながら、納期を選択する、最短印刷を行う、どちらも金額アップの原因です。急いで作業をして貰うとそれだけ金額がかかってしまうため、なるべく納期には余裕を持って、何時納品されてもよいスケジュールをたてましょう。

まとめ

金額を下げるため、なにも大きな事をする必要はありません。少し工夫をするだけで印刷代は格段に安くなります。上記に記載したポイントに気をつけて、なるべく印刷代を安く済ませちゃいましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます