日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

花見の名所!名古屋城の絶景ポイント

徳川家康が、天下統一の最後の布石として築き、金のしゃちほこでも有名な名古屋城。
桜の季節になると、全国から花見客が訪れます。
今回は名古屋城の絶景ポイントをご紹介いたしますね!

名古屋城桜情報

ソメイヨシノやシダレザクラを中心に約10種類、1000本のサクラが植えられている名古屋城。城内一円で見られるソメイヨシノは3月下旬から4月上旬、緑色の花をつけるギョイコウは4月中旬頃が見頃です。

二の丸

名古屋城で花見をするならまず抑えたいのが二の丸。天守閣と桜を楽しめるスポットで、
桜の時期になるとイベントが行われています。また、毎週日曜日になると名古屋城キャラクター”はち丸”が現れ、子供たちを喜ばせています。
また名古屋城内に3か所ある隅櫓と桜も絶景スポットです。

天守閣から

天守閣から見る桜も素敵です。特に北方面は桜の木が多く、市街と桜のコントラストが楽しめます。天守閣は地下1階、7階建ての立派な建物です。

夜桜

名古屋城は、桜の季節になると”名古屋城春の陣”と銘をうって花見イベントが行われます。
同時に、普段より開園時間が延び、きれいライトアップされた桜を夜桜で楽しむことができます。ライトアップは通年、夕日が沈んでから20時くらいまでの時間行われています。

まとめ

いかがでしたか?桜の季節になると、特に美しい景観が望める名古屋城。ファミリーでお弁当を持ってのお出かけ、カップルのデートや、おひとり様など様々なお花見にぴったりの素敵な花見スポットです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます