日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

今日から釣り、始めます。釣り入門口座

釣りは、どこで何を釣るかでも身に付ける知識が様々に違ってきます。

バス釣り入門

各地で駆除活動が行われていたりする外来種のバスにも、大型化しやすいラージマウスバスときれいな水質を好むスモールマウスバスなどがあります。ブラックバスは動くものによく反応するので、ルアー(疑似餌)を使うルアーフィッシングが主流です。自分でルアーを操作して上手くバスを誘えれば釣れます。大きなバスほど賢くなるので釣るのが難しいと言われます。もしも水面でゴボンという音がして、小魚が水面を飛んでいる時はバスに追われている時ですから、ルアーを投げ込めばチャンスがあります。

海釣り入門「サビキ釣り」

「サビキ釣り」は、初心者でも簡単に始められます。海老に似せた餌のような仕掛けが初めから針に付いているので、餌を付ける必要がありません。餌を付けるにしても冷凍の小エビを付ける程度です。餌を扱う気持ち悪さを味わわずにすむので初心者から喜ばれます。糸を垂らすだけなので、海釣りのなかでも堤防からや海釣り公園で釣るときに適しています。

船釣り入門アジ釣り

船釣りのポイントは、海底付近から3m前後上のタナを狙うことです。マアジの外道ではマアジの上を回遊しているサバも良く釣れます。エサは食紅で赤く染めたイカかアオイソメで、船宿が用意してくれます。水深が50m以上ある場合は、電動リールが適しています。枝スの結びに自信がない場合は船宿仕掛けが購入できます。

釣りを始めるには、まず基本のマナーとして、自分の楽しみだけにこだわらずに、他の人への迷惑にならないようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます