日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

三木のぶどう狩り・食べ放題スポット

夏のフルーツ狩りの中でも、人気が高いぶどう狩り。兵庫県三木市では1960年からぶどうが栽培され、1966年からは毎年ぶどう品評会が開催されています。ぶどう狩り農園も多く存在しますが、今回は3軒の農園をご紹介します。

三木平井山観光ぶどう園

毛利氏と戦うために、秀吉が本陣を敷いた平井山。歴史の浪漫を満喫できるこの地でぶどう狩りを楽しめる『三木平井山観光ぶどう園』は、アクセス良好な人気のぶどう園です。
園内食べ放題で、8月中旬から9月中旬、種無しのマスカットベリーAの場合大人1000円小人800円。紫玉や藤稔などの大粒系では大人1600円小人1100円で楽しめます。
公式サイトから印刷できるチラシクーポンや、神戸電鉄の往復乗車券とマスカットベリーAぶどう園への入園券がセットになった三木平井山ぶどう狩りクーポンなど、お得なクーポンが使用できるのも嬉しい点。
アクセスは、山陽自動車道・三木東ICより7km。電車では、神戸電鉄・恵比須駅より無料送迎バスが出ています。

里脇観光ぶどう園

ゴールデンベリーAのちぎり取りと食べ放題が楽しめる『里脇観光ぶどう園』。8月下旬から9月中旬まで、大人1000円、小人800円で、WEBサイトには200円引きクーポンも用意されています。『里脇ファームランド』では他にも、イチゴ狩りやブルーベリー狩りなども開催。
中国自動車道・吉川ICから7分と良好なアクセスです。

みづほ観光ぶどう園

30年の歴史を持つ、三木市細川町の『みづほ観光ぶどう園』でもぶどう狩りを行っています。8月下旬から9月中旬、大人900円、子供700円で、広大なぶどう畑でのぶどう狩りを楽しめます。
近隣には自然に溢れたリゾート施設『グリーンピア三木』があり、のびのびリフレッシュできます。
山陽自動車道・三木東ICより15分、中国自動車道・吉川ICから8分でアクセスできます。

夏休みのぶどう狩りは素敵な思い出になりますよ。三木市の美味しいぶどうを是非皆さん味わってみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます