日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングで眠ったままの筋肉を呼び起こす方法

運動不足で、筋肉が衰え始めていませんか。そんな時は、ランニングです。もう既に、ランニングは毎日しているという人もいるかもしれません。ところが、同じランニングでも、眠ったままの筋肉を動かして呼び起こす方法があるのです。

通常のランニングでは

一般的に、ランニングといえば、家の近所や、働いている仕事場の周辺と、そこまでの距離を走ったりして、仕事の合間に行っていることでしょう。
ところが、そんな風に身体を鍛えていても、未だに眠っている筋肉があることをご存知でしょうか

眠っている筋肉がある理由

通常のランニングも、有酸素運動のひとつで、大変健康に良いものとされています。ただ、このランニングでは、眠ったまま鍛えられない筋肉もあるということになります。
これは、ランニングするときの姿勢が原因で起こる背中や肩の筋肉の緊張と、バランスが悪く全体に身体が硬くなるからです。
他にも、普段から利用している舗装された道路環境は、大きな筋肉が眠ったままになります。逆に酷使された小さい筋肉は、怪我の原因にもなりかねません。

自然の中でのランニング

具体的にどうすれば、眠った筋肉を呼び起こすことができるのでしょう。
それは、自然の中に出て走るスタイル方法です。これは、山や森林などでランニングを行う方法で、普段からこの方法を取り入れている人の姿勢は、非常に良く決して硬くないのです。柔らかく伸びやかで、怪我や筋を痛めるなどといったことがありません。

まとめ

これらのことから、バランスのよい柔らかい筋肉を眠りから覚ますには、整備されていない自然の道を、ランニングするクロスカントリーを取り入れることが効果的ということになります。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます