日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングは疲れを吹っ飛ばす?それとも疲れをためる?

ランニングを始めてはみたものの、1週間もたたないうちに続かなくなったという方が後を絶ちません。確かに、急ににランニングというきついトレーニングのようなものを始めるとモチベーションがだんだん下がっていくのは当たり前です。そこでそもそもランニングというのは疲れをためやすいのか、吹き飛ばしやすいのかについて紹介します。

ランニングをして疲れを吹き飛ばす最善の方法とは

ランニングを継続して行うと、飽き性の方だったら疲れやすい方が多いかもしれませんが、ランニングに自分で何かワンポイント付け加えてみると何かが変わるかもしれません。たとえば音楽を聴きながらだったり、愛犬と一緒だったらモチベーションも上がるだったりと、いろいろな工夫を施してみることが大事です。結果、時間があっという間に過ぎて疲れが吹き飛ぶケースが多いでしょう。ただしワンポイントは自分になじませないといけないので、試行錯誤することは念頭に置いておきましょう。

疲れをためやすいランニングとは

疲れをためやすいランニング特徴として挙げられるのは「毎回同じパターンで走る」ということです。同じパターンは非常に危険で、すぐにあきらめがつきやすくなります。なのでたまにはコースを変えて新鮮な空気でランニングしてみたりと、環境を変えていくスタイルがいいでしょう。

ランニングは自分だけのランニングスタイルで成功するか失敗するかでモチベーションが変わってきます。成功する方向性になるように自分を磨いていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます