日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

パラグライダー資格の合格率と判定ポイント解説

パラグライダーには、本気で専門になろうと思っている方を対象にし、「ライセンス」というものが用意されています。ライセンスを取得することができれば、自分の趣味のようなものを初心者の方にいつでもレクチャーすることができるので非常に人気のあるアクティビティになりつつあります。そこでライセンスを取得するための資格の合格率とそのポイントについて紹介します。

パラグライダーでライセンスを取得する方の合格率とは

ライセンスを取得しようとする方で、合格する方の割合は約60%~70%といわれています。考えてみれば2人に1人以上は合格するということです。結構簡単そうだなと考えている方もいらっしゃると思うのですが、かなりきついトレーニング(練習)を行わなくてはいけません。スクールにいてライセンス取得のためのコースを受講する方もいれば、簡単なライセンスだったら初心者の方でもとることができるので、思い出づくりにおすすめです。

ライセンスを取得するために必要な基準とは

ライセンスを取得するためにはある程度の合格のコツについて学んでおかなければいけません。合格するための第一条件として「助教員技能証を取得して1年以上経過」という条件があるので注意しましょう。特徴としては、実際に初心者の練習性に対して指導を行い、安全かつ楽しいレクチャーができるかどうかを判定します。自分だけ盛り上がったり、安全性に欠けてしまうと危うくなります。

ライセンスの取得にはいろんなスキルが必要になってくるので、自分磨きから始めてみるといいでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます