日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登山する前にガイドブックで確認する3つのポイント

登山初心者の方ならだれでも悩ましくなってくるのが、ガイドブックでの確認方法だと思います。ガイドブックはしっかり隅々まで確認しておかなければ、登山に支障が出なくても何かと困ってしまうことが出てくるかもしれません。これを防ぐためにチェックしておきたいポイントについて紹介します。

登山口までのアクセスを考えておく!

自分の家から登山口までのアクセス方法は山を歩いていく中での初歩的な段階という意味も込めて非常に重要です。そんなアクセス方法はしっかり前日に決めておきましょう。当日になるとあわててしまいます。

コースにかかる時間からコースを選択する

ガイドブックに書かれているコースの歩行時間(完走時間)のことを「コースタイム」と呼んでいます。初心者向きなのは3,4時間程度のものを選択するといいでしょう。もちろん上級者コースを選択するなら5,6時間コースでもいいのですが、しっかりとした計画を立てる必要があります。

自分の実力を図るために標高差からコースを選択する

標高差とはスタート地点の高さから、頂上の地面までの高さのことを言います。この標高差が大きくなればなるほど、短い距離だったはずでも急な坂道が多くなるので、いろいろ気を付けなければいけません。

登山に行くときは、必ず「登山届」というものを出しておいた方が安心です。周囲の人に自分のわかる範囲での共有の余地を与えておく方がいいでしょう。万が一の場合でも措置が取りやすいです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます