日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登山用語を教えて!スノーシューってなに?

登山用語の中にはなかなか聞きなれないものがたくさんあるのが特徴的なのですが、特に雪山を上るときに知っておきたい用語の中に「スノーシュー」というものがあります。どのような場面で使われるのかと意味について紹介します。

スノーシューの意味とは

雪山などを登山で登る計画を立てておく時に必要になってくるものが「スノーシュー」です。スノーシューは雪山での登山で滑りを防止するために、普段の登山の時のシューズとは別に履いていきます。普段の登山用の靴で雪山に挑戦しようと思ったら思わぬ事故に発展してしまう傾向にあるので、初心者はともかく上級者の方でも安全にと、履いています。

スノーシューの種類とは

スノーシューは雪山でしか履いてはいけないというルールはないのですが、歩きづらいというのが特徴的で、普通の地面だったら履きません。そのためいろんな用途で使い分けが行われています。たとえば「ハイキング用」に設計されているものであったら、平坦な雪面が多いところで使われます。急な坂で使うと重心が前に傾いてしまう傾向にあるのでお勧めできません。違うタイプだと「山岳地帯用」というものでも分けることができます。山岳地帯の急な坂にも対応した頑丈な作りになっている半面、なかなか歩きづらいというのがポイントです。

スノーシューは使い分けることで、歩きやすさが大きく変わってきます。自分にぴったりのスノーシューを事前に検討することをお勧めします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます