日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

山の天候は気分屋さん。冬の登山の服装は何を着るべき?

皆さんは登山の時のどのような服装で臨んでいるのでしょうか。登山を始めたころから汗を吸収しやすいような普段着を使っている人もいれば、いろんな季節に応じて洋服を使い分けているという方もいるはずです。そんな登山に関する冬の服装の特徴について紹介します。

登山で冬の服装はとりあえず暖かいものを着用しよう!

冬の季節になってくると一番注意しておきたいのが「気温の変化」です。特に冬場は暑かったり寒かったりと、その場での温度の変化が一番激しかったりするものです。登山するまではあんなに暑かったのに、いざ登り始めてみると寒くなったりするケースが多いです。そこで簡単に脱いだり来たりできるコートなどを別に用意しておくといいでしょう。ただしあまり邪魔になってもいけないので簡単に着衣脱ができて、コンパクトで収納しやすい服がいいです。

冬の登山での驚きの必需品とは

冬といえば雪道を歩くことになるのですが、その時に防寒になっていると何かと引っかかりやすいものです。引っかかってしまって防寒具が破れたりしてしまうと急に体温調整ができなくなって、登頂後に風邪をひく原因になりかねません。その前に防寒具として破れにくいものを選択しなければいけません。万が一の時にこんな状態を防ぐためにも応急処置として「粘着テープ」を用意しておくといいでしょう。粘着テープは冷気の侵入を妨げる役割があるし、簡単に用意ができるのでお勧めです。

初心者の方だったらどんなものを用意したらいいかわからなくなる時がありますが、あわてずに専門の方に相談しに行くなどして、自分の身は自分で確保できるようになりましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます