日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

コミケのカタログはどのくらいの価格で買えるのか

全国のオタクたちが集まって、主にアニメや同人のコンテンツを通したオタク文化のマーケットとなる
「コミケ」ですが、初心者にとってその情報量の多さはとりもなおさずハードルの高さになりますよね。

そうした初心者のためにも、コミケのことがだいたいわかる「カタログ」があるわけです。
平均的な価格は2000~2500円程度と考えられます。

この値段のソースは「コミケのカタログ取扱店」および「オンラインショッピングサイト」を参考にしています。
どちらも大差がなく、上記の値段であることがわかります。

「え、高くない?」

一般の本で2000~2500円というと、大がかりな専門書・学術書に相当する価格設定ですよね。
カタログがどうしてそこまで高いのかというと、まず「とんでもない情報量の多さ」が理由として挙げられるでしょう。

カタログの内容としては、コミケの概要などに加えて、参加するサークルの情報が一気にまとめられています。
そのうえ、世界のオタク文化を取り上げるようなコーナーがあったり、アフターレポートが付いていたりで
かなり本そのものが百科事典のごとく分厚くなるのです。

カタログのタイプによって値段が変わる?

コミケのカタログのタイプは主に2種類あり、先ほど述べた「本タイプ」と「DVD-ROM」があります。
どちらにせよコミケのことを学ぶことができる教材であることには変わりがありません。
しかし、割合DVDのほうが価格が500円程度高くなる傾向があるようです。

今年のコミケの開催は第88回、正式には「C88」です。
したがって、今売られている最新のカタログは前回分の「C87」となります。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます