日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

プチプラなのに用途は無限大!登山のウェアはユニクロでゲットしよう

一昔前と違って、若者向けの登山用コーデが流行るようになってからは、
専門性の高い登山用のファッションもデザイン重視になってきました。

「山ガール」のファッションの中では、ユニクロを使ったコーデが定期的に紹介されており、
参考にしている女性の方も少なくはありません。

今回は、ユニクロブランドがなぜプチプラの登山向けファッションとして使えるのか、そのワケとともに
使用例を紹介したいと思います!!

夏向け 「エアリズム」

「エアリズム」とは、ユニクロの夏用インナーの規格の1つです。
特徴としては、伸縮性があり、着ている心地がしないくらい軽く、結果としてとても涼しいことが挙げられます。

ネックとしてはU,Vが挙げられますが、夏の服装ということで、開放的なVネックのものがオススメです。

冬向け 「セーター」

ユニクロのセーターはとにかく安く、機能面でもしっかりしているうえ、ミッドレイヤー(中間着)としても
使えるので登山にはうってつけです。
使用例としては、薄い肌着の上にこれを着て、さらにウィンドブレーカーを重ねて着るという
3段階の重ね着がメインです。
ウィンドブレーカーは、ミッドレイヤーが見えないようにチャックを締めているものから、
チャックを開けてミッドレイヤーとの色彩バランスを考慮したものがあります。

夏も冬もこれで登る! 「七分丈ズボン」

七分丈は、それ一枚で履くと夏でも開放的な印象を与えます。
冬では下にレギンス・タイツとともに重ね履きしておけば防寒面もばっちりです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます