日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キャンプ初心者でも思う存分楽しめる服装まとめ

キャンプを楽しむ服装って?
キャンプ場ではバーベキューをするだけではありません。
芝生の公園もありますし、フィッシング、アスレチック、川遊びなど
楽しい遊びが色々ありますから。
では、どんな服を用意をすればいいのか?

基本の服装

日中は、動きやすい普段の服装でOKです。
ハーフパンツにTシャツなど、すこし汚れても良い服装がいいでしょう。
夜は、場所にもよりますし、時期にもよりますが
山ですとかなり冷える事があります。
羽織れるウインドブレーカーやシャツなど用意を。
長靴やサンダルも便利です。

欲を言えば長袖が理想

先程はハーフパンツでも楽しめることを書きましたが
これは半分そうで、半分違うかもしれません。
理由は「虫さされ」「火傷」「日焼け」です。
キャンプ場には多くの虫がいますし、気をつけていても
いつのまにか刺されたりしています。
火傷は、火を付けた時に炭の灰が飛んだりしますので
火傷もしやすくなります。
日焼けの防止にも長袖は便利ですよ。

キャンプファイヤーで服がオジャンになることも

これが汚れても良い服装を進める理由ですね。
火の粉で服に穴が空くこともあります。
注意をしていたとしても「あれ!?いつのまに?」
なんてことも。

山でのキャンプ場は寒いと思っておこう!

服装考えるの面倒だなと思ったら
ユニクロでアウトドア用の服装は揃えることが出来ます。
低価格ですので、汚れや穴などそこまで気にしないで使うことが出来るのが
メリット。

まとめ

キャンプをする時はオシャレをなるべく捨てましょう。
アナタが気に入ってる服がダメになる可能性は否定できません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます