日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

後片付けまでがバーベキューです!炭の後始末の方法

楽しいバーベキューですが、毎回「炭」の処理はきちんとしていますか?
中には、炭は土に還ると思っている人もいるみたいですが
炭は、燃やさなければずっと化石みたいに残るもの。
ですので、土の上や、草むらに捨てるなどが絶対にしてはいけません。
自然は大切に。
バーベキューをした時に火の消し方から最後の処理までの方法を紹介します。

炭を最後まで燃焼

時間に余裕のある時はこの方法で十分です。
捨てる時や持ち帰る時に、消えているか確認を念入りに。

水で火を消す

この消し方ですが注意することがあります。
グリルに直接かけるのはやめて下さい。
熱い水蒸気がでて火傷の恐れもありますし
グリルやコンロの後処理も面倒になります。
バケツなどに水を入れて、トングで1つ1つ入れて火を消しましょう。

メーカーの火消しつぼを使う

これは水で根本から消して湿らせる方法とは違い
酸素を止める方法。
そして、湿らせませんので、次バーベキューをする時にも
使い回しが出来ます。
水で消すか、火消しつぼで消すかは、好みで使い分けるといいでしょう。

消した炭はどうすればいい?

バーベキュー場でルールに従って下さい。
角処理置き場がある場合はそちらに捨てればOKです。
全て持ち帰りの場合は必ず持ち帰りましょう。
炭は最終的に燃えるゴミとして捨てるものですが
バーベキュー場で燃えるゴミに捨ててはいけません。
かならず自宅の燃えるゴミとして処理をして下さい。

まとめ

炭の火が消えていれば、燃えるゴミでもいいじゃないか?
そんな事ではありません。
バーベキュー場は火事などの災害を防ぐためにルールを設けています。
炭の火が消えたと思っても少し残ってるだけでも
火事などの大惨事を引き起こす可能性は0ではないのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます