日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

豪快な食材に惚れ惚れ。アメリカ式のバーベキューの楽しみ方

日本のバーベキューとアメリカのバーベキューの大きな違い。
それは肉のデカさ!
見てる方も食べ方もダイナミック!
これが一番の魅力です。
アメリカ式のバーベキューはどのように楽しんでいるのか?
日本でのバーベキューとの違いは?

バーベキューの焼き方

そもそもの話なのですが、大きな肉を安全に食べるための調理法が
バーベキュー。
厚みがあるので火が浸透するのも時間がかかるので
直火ではなく、内部に火を十分に通してから食べるのがアメリカ式です。
低温でじっくり焼くのがアメリカ式。

バーベキューの食べ方

日本では、ちょっとづつ焼き、焼けたら肉や野菜などを
食べるのが基本。
アメリカでは、まず全ての材料を焼いてしまいます。
そして、厚めのお肉などを切り、取り皿に分けて人数分配るのです。

バーベキューはパーティ

ここでいうパーティーとはコミュニケーションを深め
より親密な関係を築こうという気持ち。
ですので、日本のバーベキューのように
アウトドアの格好やラフ過ぎる服装はあまり適しません。
日常で着る失礼のない服装が一般的。

ソースなどの味付け

私達はバーベキューの時に使うのが、塩コショウ、焼き肉のタレが多いと思います。
手作りのバーベキューソースを作る方も当然いますけどね。
アメリカでは、スパイスやマリネを下ごしらえとして味付けをしたり
オリジナルのビネガーベースのバーベキューソースなどを使います。
このバーベキューソースも州で大きく違うのも特徴。

まとめ

大きな違いは食文化でしょう。
どちらが良いというわけではなく、それぞれ培ってきたものです。
日本のバーベキューも美味しいですし、アメリカのバーベキューも美味しいですよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます