日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

釣りの基本の「き」を勉強しよう

初心者の方が本気で釣りを始めようと考えているのであったら基本から学ぶ必要があります。釣りの基本というのは人によって教え方が違うのでいろんな方向に飛んでいきそうな気がするのですが、基本はみんな同じで定着しているものです。そんな釣りの基本について紹介します。

仕掛けの本来の意味とは

釣りにおいて絶対に知っておかなければいけない用語として「仕掛け」というものがあります。これは魚を釣るために事前に用意しておくもので、仕掛けの先には魚の好物であるエビなどのえさを用意しておきます。その前に釣りに必要なものは「竿」と「リール」です。リールというものは糸を巻くための道具で、小物の魚を釣り上げるときによく使われます。

仕掛けを構成するために必要な部品とは

一番重要なのはやはり「竿」です。竿がしっかりしていないとオールマイティで魚を釣ることができません。魚を釣るための第一条件として反発力に優れているということが大事です。反発の抵抗が大きくなってしまうと魚が暴れてしまった際にのがしてしまうことが多くあるので、魚が捕まえづらくなってしまいます。初心者の方は抵抗が少ない竿を選んでみるといいでしょう。ほかにも「リール」なら、幕力が強いものが一般的です。弱いものもありますが、そのようなもので捕まえられる魚は数種類程度なので、非常に上級者向けのリールになります。

いろんな準備をしなければいけないのが「釣り」です。自分のお気に入りにカスタマイズするために専門店などに行って考えておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます