日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

絶対覚えておきたい釣りのテクニック

釣りをやっていくにあたって何かと上達していきたいと感じる方も多いはずです。そこで上達アップしやすい魚として評判があるのが「バス釣り」です。ブラックバスは魚を釣り始めてからだったら必ず釣らなければいけないほど、最初に襲い掛かってくる敵と言っても過言ではないでしょう。そんなブラックバスを効率よく釣るためのテクニックについて紹介します。

重要なのはノットの結び方

ノットの結び方から改善していく必要があります。普通だったらノットはただ丸くしてまとめるような形になるのですが、「漁師結び」というのをお手本にしてみましょう。団子結びしかできないのなら強度が上がる漁師結びがいいです。言葉では解説しにくいので実際に絵などで確認してみるのがいいでしょう。

ワーミングの動作を最適化させる

ワーミングの基本動作で重要なのは、何十m先のワームがどんな位置にあってどんな動きをするのかを見極める必要があります。結果イメージが大切なのですが、底釣りになってくると大事なのがスプリットショットやジグヘッドのリグです。どんな場所でどんな動きでワーミングするかというのは見分けられれば上級者の仲間入りになるほど大事なことです。いろいろ試して自分だけのスタイルを身につけてみるといいでしょう。

今回はバス釣りに関するテクニックについていろいろ紹介しましたが、魚ごとに釣れるテクニックは大きく変わってきます。まずは自分の好きな魚が釣れるようなテクニックを磨いていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます