日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

〈釣り〉6月に釣れる魚まとめ

釣りに興味を持ってくると、どの季節にどんな魚が釣れるのかを学ぶ必要性が出てきます。そこで初心者でもすんなりわかってもらえるような6月に釣れる魚とその特徴について紹介します。

6月をピークにどの季節でも釣れる魚とは

基本的にはどの季節でも釣ることができるのですが、海の中で6月に最も活発的に行動するといわれている魚が「クロダイ」です。この魚は春になったら産卵が始まって5月下旬から6月上旬になるころに大物が数多く釣れる時期に入ってきます。本格的な夏に入ってくると釣りづらくなり、秋になったら大物がたくさん釣れるシーズンへと突入していきます。しかし狙うとしたら産卵後の6月がいいでしょう。

6月に最も釣りやすい魚とは

上級者の方なら知っているであろう6月に釣れやすい魚の中に「すずき」があります。この魚も比較的広い範囲で釣り上げることができますし、季節を問わず釣れるのですが、熱くなってくるとこの魚も活発的にえさを探し求めるようになります。釣りやすいポイントといえば、川の近くが最も人気があります。他にも5月下旬から釣りやすくなる「白ギス」や、大物を狙う人のための「真あじ」など、夏にぴったりの旬の魚を釣ることができます。

6月になると海の温度の上がってくるのでいろんな魚がえさを求めて釣り人の近くに寄ってきます。このチャンスを逃さないように、魚の種類に合わせたエサ選びや、ルアーをしっかり選ぶことで、初心者から脱却するチャンスをうかがいましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます