日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

文化祭の看板材料として使えるアイディア

クラスメイトや、サークル部員が一致団結して、盛り上げる文化祭。
お店のお客さんの入りは看板が左右すると言っても過言ではありません。
今回は、文化祭の看板材料として使えるアイディアをご紹介いたしますね。

何のお店か、分かりやすくするために発泡スチロールをペイント

看板で一番重要なのは、何のお店か分かりやすく作成することです。
立体的に仕上げることができ、削ったり切ったりして加工しやすい発泡スチロールでしたら、
お店の看板を作るのにぴったりです。
また発泡スチロールは何かの拍子に落ちたりした場合も安心で、色が塗りやすく、
文化祭後捨てやすいと言う利点もあります。

売り子自らが看板になる

体の前と後ろに看板を付け、自らが看板になり移動することで注目されること間違いなしの看板の出来上がりです。
思いっきり顔や体にもペイントをし、看板になりきってしまいましょう。
子ども受けを狙ったお店の場合は、着ぐるみを着て看板になるのもいいですね。

顔出し看板

観光地によくある、顔の部分が丸く切り抜いてある写真スポット。
あれを看板にしてみませんか?
お店に興味が無いお客さんでも、看板に興味をもってくれることが続出し、結果お店の売り上げにも繋がります。
出店がレストランだったら、キュートなミニスカートのウェイトレス姿を描き、
男性に顔を出してもらったりするウケ狙いタイプもお勧めです。
看板の横にスタッフが1人常駐し、写真を撮ってあげればさらに喜ばれそうですね。

まとめ

ハッピーになれる看板、作って下さい♪

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます