日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

運動不足につきもの!ランニング後の筋肉痛改善方法

走った後の筋肉痛は、ランニング初心者のほとんどの人が持つ悩みです。

筋肉痛の原因

筋肉痛の原因は諸説があって、まだ決定的には解明されていません。したがって、これが正しいと言える解決方法は、人と場合によって違う場合があるようです。方法としては、軽めの運動をする、黒酢を飲む、お風呂で筋肉痛を緩和する、自然治癒力に任せる、などが挙げられています。ただし、筋肉痛は激しい運動をして筋肉の繊維が破壊された時に起こるもので、最近では筋肉を疲労から回復させるために乳酸が作られているとされています。筋肉痛は身体の防御反応として痛みが出るので、トレーニングがしっかりと行われたサインだそうです。

筋肉痛に良い食べ物

筋肉痛を回復させるために、効果的な栄養素を含んだ食事をとることも大切です。
・ タンパク質: お肉、魚、大豆など。 筋肉痛の時以外にもプロテインによってたんぱく質をとるのが望ましいとされています。
・ ビタミンB1: ウナギ、豚肉、レバーなど。
・ ビタミンB6: にんにく、とうがらし、さんまなど。
・ クエン酸: グレープフルーツ、レモン、梅干しなど。
・ 亜鉛: レバー、カキ、大豆など。

筋肉痛回復の目安

筋肉痛にはどれくらいで治るという目安はない、と言われます。運動不足の人は筋肉痛になりやすいうえに、疲れが抜けないで長引くことが予想されますから、最低でも2~3日の休息をした方が筋肉の回復には良いそうです。筋肉痛が治まったからといっても、筋肉の回復期が終わったことにはならないそうです。

筋肉痛が起きていないときでも、タンパク質、そして他の重要な栄養素を十分に摂っていれば筋肉痛を防げるばかりでなく、回復にも効果があるようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます