日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

続けてこそ意味がある。ランニングのコツまとめ

ランニングは簡単に始めることができますが、一方で、自分一人の判断で今日はやめておこうと思えば簡単にやめられるスポーツでもあります。しかし、ランニングの効果も楽しさも続けることで始めてわかるスポーツで、コツさえつかめば長く続けることができます。

目標の8割出来たらOK!

ランニングを長く続けるには無理をしないこと、とよく言いますが、具体的にはどうなんでしょう。その一つが、立てた目標の8割できれば良しとすることです。3㎞走ろうと思えば、2.4㎞走って残りは歩いてもイイよとか、週3日は走ろうと思った目標は、週2日になっても自分を責めないこと、など。スポーツ根性的に、ストイックになる必要は全くありません。

数字を他人と比較をしないこと。

ランニングを始めると、数字が気になります。今日は何キロ走ったとか、1年前に始めた友達のスピードは、これぐらいだとかをよく耳にします。距離、時間、週の回数など、数字はスポーツにつきものとはいえ、少なくとも他人と比較しないことが長く続けるコツです。数字自慢は「そのうち・・・」ぐらいに聞き流します。自分の目標だけで満足できるのがランニングの特徴です。

音楽、季節感、ファッションなどに興味を持つ

音楽ファンなら、音楽を聞きながらのランニングは長く楽しめること間違いありません。二つの趣味を同時にしているようなものです。また、ランニングコースの選定から走る時間帯まで、季節感や出会うランナーたちにこだわりを持って選べば、長く続けられる励みとなります。さらに、ランニングを楽しむファッションやグッズも驚くほど進化しています。

まとめ

ランニングを長く続けている人たちが一様に言うのが、走っているときは苦しいが走り終えた時の爽快感が忘れられなくて、「また走ろう!」という気になる、と。これは、みんな続ける楽しさを知っているから言える言葉です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます