日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングで起こる肩こりの謎解明と改善方法

ランニングで肩こりを改善しようとした人の中には、なかなか改善しないなと思った方もいらっしゃると思います。そこでランニングと肩こりの意外な関係となぜランニング中に肩こりが起こってしまうのかについて紹介します。

ランニングと肩こりの意外な関係性とは

肩こりを解消するためには血行を良くして筋肉をほぐすために必要な有酸素運動が効果的だといわれています。そこでランニングを始めてみようと試みたところ全く肩こりが解消されず、逆にもっとひどくなったという方もいらっしゃると思います。原因として考えられるのが、肩こりが起こってしまう理由の中に「緊張状態だと筋肉が収縮して凝り固まってしまう」というところにあります。なのでランニング中に肩を柔らかくして走らないことにはずっと肩こりが継続してしまうことになってしまいます。

ランニング中に肩こりになった場合の解決策とは

ランニング中に肩こりになってしまった場合には、ランニング終了後にすぐストレッチをすると効果的でしょう。ランニング後にすぐにお風呂に入って凝りをほぐそうとしている方もいるのですが、交感神経が興奮したままの入浴は全くの逆効果です。お風呂に入る際には体を一回休ませてからの入浴がいいでしょう。どちらにせよ一番効果的なのは肩周辺のストレッチです。

肩こりの原因はいろんなところからやってきます。ランニング以外からも肩こりがきてしまうことがあるので、正しい対処をとれるようにしておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます