日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングの勝負時間は「20分」!効果が見える走り方

ランニングやジョギングは有酸素運動の代表的な運動です。つまり呼吸の仕方や体の仕組みがわかっている人ほど有利な競技であるといえます。そんなランニングでの効率的な走り方について紹介します。

ランニングで効率的に走る方法とは

ランニングというと長い時間を真剣に走らなければいけないというイメージを持たれる方が多いですが、そんなことはありません。ランニングで効率よく走るためのポイントは「短く、ゆっくりと」がキーワードです。ランニングはうまく呼吸ができていないと効果を感じることができないので、慣れないうちは同じ呼吸のペースと速度を保って、短い時間走ることから始めるといいでしょう。20分くらいを目安にするといいです。

本格的なランニングにおける効率的な走り方とは

ランニングを本格的に始めようとしている方であっても、効率的な走り方は初心者の方とあまり変わりません。ただ少しペースを上げて走るといいでしょう。だからといって無理やりペースを上げることはいけません。体力のある若い人や、年配の方でも体力に自信のある方でも、自分の限界に挑戦するのではなく、自分ができる範囲内で最大限の力が発揮できるような走り方をマスターすることが大切です。

まとめ

ランニングでの効率的な走り方は、とにかく「無理をしない」ということです。これからランニングを継続していくにあたってモチベーションを保つためにも、自分の体力に見合った走りに挑戦してみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます