日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キャンプで焚き火をするときに最適な服装のポイント

キャンプを楽しむ中で一大イベントといえるものがあります。それが「たき火」です。たき火は直接火を使って楽しむので、自然現象として注意しなければいけないポイントがたくさんあります。そこでたき火をやる際に気を付けておきたい「服装」について紹介します。

 

たき火をやる際に知っておきたい服装のポイントとは

たき火をやるときに知っておきたい服装のポイントがいくつかあります。まずは「火の粉が飛んでくることを想定する」ということです。この時の服装がアウターウェアの素材がナイロン製だったりすると穴が開いてしまったり、引火して火傷してしまう危険が出てきてしまいます。このような事態を避けるためにも「燃えにくい素材」を使ったウェアを着用することが大事です。

たき火の時に大活躍のアウトドアジャケットとは

たき火の時に一番人気が高いのは「ナイロンスパン製」の素材を使用したジャケットです。ナイロンスパンはコットンより軽量な素材のため、表面記事に耐久防水加工が施されているものがお勧めです。ほかにも消防服に使用されている「アラミド繊維素材」を使ったポンチョなどを着用してみるのもいいかもしれません。しっかり身を守ることもできますし、温度調整がしやすいというメリットもあります。 初心者のうちはどんなものを選んでいいのかわからないものですが、できる限り人気の高いものを選ぶことが大事です。そこから自分だけのお気に入りの色などを見つけると面白いでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます