日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドアの知識を120%活かす!防災に使えるキャンプ道具

地震などの災害に備えて、万が一のことを考えたことはあるでしょうか。夜中に停電してしまってかつ巨大な地震がきてしまった時に対応する能力は必要不可欠です。そこでキャンプなどのアウトドア用品を使った災害に対する身の安全の取り方について紹介します。

最悪の事態を考えた防災グッズとは

地震などの災害は日本は特にいつ来てもおかしくない状況です。そこでまずは被害がそこまで大きくならない1次災害について必要なものとして「ホイッスル」が挙げられます。ホイッスルの役に立つ点は、1次災害の際には災害に遭った人がお互いにどの位置にいるかを把握しておくだけでも安心感の面で便利な情報へと繋がっていきます。次の災害につながる前に情報を共有し合うことが大切です。

次の災害を迎えてしまう前に準備しておきたい防災グッズとは

防災はどのタイミングでも事前の準備が必要になるグッズが多いです。次の災害に備えて、ブラインドシェルターなどの寝具セットやシェルター代わりになり、身の安全を確保できるスペースを取っておきましょう。これらは用意しておいたほうがのちの拠点となるべき場所になるので、強度もしっかりしているものがいいです。

他にも防災として役立つグッズは懐中電灯や非常用バッテリーなどが挙げられます。アウトドア用品はこんなものが意外と役に立つようなものがたくさんあるので、少しだけでも勉強してみるといいですし、万が一を備えた行動は非常に大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます