日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キーンと耳に響くアレ。カラオケでハウリングを起こさないコツ

カラオケでよく音が取れない方が起こしやすいのが「ハウリング」です。ではなぜハウリングが起こってしまうのか、またハウリングを改善するための方法について紹介します。

ハウリングが起こってしまう最大の原因とは

カラオケになれていない人が良くハウリングを起こしてしまって、聞いている側からしたら耳がキーンとなってしまうことがよくあります。原因としては「マイクを強く握りこんで歌ってしまうから」というところにあるようです。これはマイクの本数に限らずともハウリングを起こしてしまう原因になってしまいます。なのでカラオケ初心者の方とデュエットする際には十分に注意を払ってあげる必要があるのです。

ハウリングを起こさないためには

カラオケでハウリングを起こさない方法はいろいろあるのですが、よく例として挙げられるのが「マイクを口に近づけすぎない」ということです。音響のバランスがしっかりしていれば問題はないのですが、マイクとの距離が近すぎるとどうしてもハウリングを起こしてしまいます。他にも「マイク同士を近づけない」というものもあり、デュエットでは頻繁に起こりうることなので注意しましょう。機械でできる解決策としては「エコーを落とす」ことや「マイクのバランスを調整する」などが効果的です。

まとめ

カラオケではハウリングは非常に不愉快なものです。人間の耳には合わないような音をしているので改善する前の曲は我慢するにしろ、次の曲からはハウリングが起きない環境を作ってあげることが大事です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます