日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングで貧血を起こさないために摂取したい食べ物

初心者の方でやってしまいがちなのが、ランニングを行った後の行動が悪いということです。実際のところ、ランニングを行った時などの激しい運動をした後には正しい食事をとらなくてはいけないのですが、一番起こりやすい症状として「貧血」が挙げられます。貧血にならないための予防として正しく摂取したい食べ物について紹介します。

貧血を予防するために大事な栄養素は「鉄分」!

貧血を予防するために必要な栄養素として有名なのが「鉄分」です。鉄分はヘモグロビンやミオグロビンなどから構成されており、不足してしまうと疲れやすさや動悸、息切れや集中力低下につながってしまいます。このような症状にならないためにも十分に鉄分を補給して健康を維持する必要があるのです。

実際にどんな食事をとればいいの?

鉄分といってもどのような食事をとればいいのかわからないときがあります。鉄分をとるのに適している食材は、アサリやシジミなどの貝類のほか、のりやヒジキなどの海藻類にも含まれています。また非常に鉄分が多く含まれている食材の中に「レバー」があります。この食材はビタミンAの大量に含まれているので、ランニング後の食事には1つ以上摂取しておくといいでしょう。しかしビタミンAは過剰摂取しすぎると障害を起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

鉄はビタミンCとクエン酸と一緒に摂取すれば吸収能力も飛躍的にアップするので、いろんな食べ方を考えてみるといいでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます