日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ランニングに必要な筋肉を鍛える!スクワットのすすめ

スクワットはただしゃがんで立ち上がれば良いというわけではないのです。
そんなことはご存知の方も多いと思いますが、気をつけていても自己流でやってしまうと、膝に負担がかかってしまったり、ランニングどころではなくなってしまいます。
楽しいランニングのために正しいスクワットのやり方をおさらいしておきましょう♪

スクワットのやり方

1)肩幅よりも少し広く指先を外側に向けて足を開きます。
手は頭の後ろか胸の前、きつければ腰でもかまいません。

2)ゆっくり息を吸いながら、お尻を突き出すような形で太腿が床と平行になるようにしゃがみます。
この時、背筋は伸ばすことを意識しましょう。

3)息を吐きながらゆっくりと体を起こしましょう。
ここでは膝が伸びきらないところで姿勢を止め、背中が丸くならないように意識しましょう。

4)1にもどり繰り返します。

スクワットのポイント

スクワットは基本的に背筋を伸ばして行います。
背中を丸めてしまうと腰に負担がかかりやすくなってしまい腰痛の原因になります。
膝を曲げる時は、太腿が床と平行になるように意識しますが、キツイ場合には可能な位置までで大丈夫です。無理はせずに姿勢の維持を優先して下さい。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
筋肉自慢の三十路女の筆者もやってみましたが、ちゃんとした方法でやると3回しかできませんでした~!!結構きついです。
回数ができない女性は時間をあけてセット数を増やしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます