日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのポジション PG(ポイントガード)について

バスケのPG(ポイントガード)
5つあるポジションの中のポジション名です。
チームの司令塔となる、重要なポジションになります。
今回は、バスケのPG(ポイントガード)についてまとめていきます。

PGの役割

PGがよく言われるのが、「コート上の監督」ということです。
PGが弱いとチームの弱さに直結するといわれるほど重要なポジションです。
役割のひとつが、ボール運びです。
得たボールは一旦PGに集まり、攻め方を考えてゲームが展開していくからです。
そこからどういうゲーム展開になるかは、すべてPGの判断と行動次第になります。
必要な時は自ら点を取れるシュート力も要求されます。
ディフェンス時には、まわりの状況をよく判断するチームをまとめる役割でもあります。

PGに求められること

まず速い、低い、ドリブルの上手さ、パスの上手さなどありますが、際立つのが、賢いということでしょう。他のポジションと比べて最も頭を使います。
点を取れるタイミングを見定める、冷静な判断力と決断力が求められます。
技術面では、高い基礎力とパスとドリブルの技術を磨きましょう。
PGには、バスケの速い展開に対応出来る、強い足腰と止まることない充分な体力が求められます。

まとめ

PGは、ある意味監督よりチームには影響のあるポジションかもしれません。
体はもちろん頭脳でも勝負します。
まわりの状況を的確に判断できる、広い視野をもつことが大切ですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます