日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大掃除後でも気になるシンクの水垢への対処方法

最近大掃除したばかりなのに、またシンクがくもってる!白いガチガチが取れてない!ってがっかりした経験があると思います。
どうしてすぐに汚れてしまうのでしょうか?
どうやったら、ピカピカを保てるのでしょうか?

そもそもシンクの汚れの原因は?

シンクの汚れの主なものは、食べ物かすや洗剤かすですが、これらはスポンジでサッとこすればきれいになります。
やっかいなのが、水垢でしょう。
ステンレスを白くくもらせる。
白くガチガチにこびりついたものはなかなか落ちませんよね。
この水垢、水道水のカルキ分やミネラル分なんです。

水垢落としには酸が効く

水垢おとしと言うと、クレンザーにたわしでゴシゴシを連想しますね。
たしかに、軽い水垢にはこれでもOKですが、シンクがステンレスの場合小傷が付く恐れがあります。
傷が付いたら、もうピカピカにならない!
ここで「酸」の登場。水垢はアルカリ性のため、「酸」は傷をつけずにガンコな水垢を落としてくれます。
クエン酸を用意してください。なければお酢でもOKです。
軽いくもりは霧吹きで、水とクエン酸を溶かした液をシンクにシュッシュッとまいて少し放置した後、軽くこすればきれいになります。
ガチガチ汚れには汚れの上に少量の水とクエン酸をパラパラまき、乾かないようにラップを巻きつけ一時間ほど放置します。その後、少しこすればきれいに落ちます。

ピカピカを保つには?

シンクを使用した後、水気をふき取る習慣をつけることで水垢の付着を防げます。
とはいっても毎回そのつどなんてやりきれません。
せめて、寝る前の一番最後に使用した後、シンク周りの水気をきれいにふき取るだけでも違います。
そして水垢がガチガチになる前に酸性の洗剤で洗うようにしましょう。
手軽に使える酸性洗剤はホームセンターで買うことができます。

まとめ

シンクがピカピカだととても気持ちがいいものです。
めんどうでも、毎日こまめにふき取る習慣をつけることでピカピカが維持できます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます