日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

山に最適なのどれ?登山用の水筒の選びかた

登山では、夏冬を問わず水筒を使用します。登山用の水筒を選ぶ際に必要なポイントは、軽量性や保温性・飲み易さ・サイズ・衛生面などです。必需品なので、最適なものを選ぶ必要があります。

ペットボトル

ペットボトルは、繰り返しの使用を前提として作られていないボトルですが、実際は結構繰り返して使用出来ます。軽いうえに、いざとなったら処分しやすいメリットが有ります。ただし、何かの拍子で身体の下敷きになった場合などは、つぶれやすい弱さもあります。水のペットボトルの場合は、繰り返しの使用に便利です。お茶のペットボトルを使用すると、水を入れると臭いが付きます。

ステンレスボトル(魔法瓶)

登山用の800mlの保温メーカー品というものがあります。800mlあれば、飲むだけでなく歯を磨いたりもできて便利です。山の専門用品なので、手袋をしたままでも開閉が容易となっています。使い方としては、一度4分の1くらい湯を入れ、熱を内部に行き渡らせてから湯を捨て、再度湯を満タンに入れると保温可能時間を長くすることができます。

ポリタンク

ポリタンクは、容量としては様々有りますが、2リットル位のものが一般的に使われています。量が多いのがメリットで、名水に立ち寄って汲んだり、キャンプで使用したりします。蓋(口)が大きく、水が入りやすく、手袋をしたままで開閉ができます。

まとめ

湯や水の摂取・使用は、登山にとって不可欠です。水筒を選ぶ場合は、サイズや保温性など用途に依って、また人数や滞在日数・季節などに依って最適の水筒を選ぶことが大切です。そして、それぞれの水筒のメリットを生かして、数種類の水筒を組み合わせて複数の水筒を使用する工夫も大事です。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます