日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登山で使いたいカメラバッグの選び方

太陽が雲海から顔を出す、虹のかかる雨上がりの渓谷、森に突如出現する野生動物などと突然シャッターチャンスは訪れるものです。登山でのカメラバックに求められる機能は、そんなシャッターチャンスを逃さないためにカメラの取り出しやすさの機能性などが重要になります。登山で使うカメラバックの選び方を解説します。

2気室バック

2気室使用の軽量バックは、登山道具と素早く出し入れしたいカメラ機材を別々に収納できます。日帰り登山から山小屋泊り登山まで対応できます。

ショルダーバック・ウエストバック

軽量カメラバックです。ショルダーバックやウエストバック単体として使用します。また、トレッキングの時に2気室バックとの併用で、カメラを自由に出し入れできます。悪天候時などで撮影できないときは、2気室バックにそのまま収納するとインナーバックとしても利用できます。サイズやクッション性で選ぶことが大切です。

インナーバック

登山では、雨や雪はもちろん水筒の漏れなどバック内部からの漏れに対応します。首から下げた状態でも撮影できたり、撮影時にはすぐ取り出せるバックは便利です。また、濡れだけでなく衝撃からもカメラを守ったり、中身が確認できる小窓を開けたバックも有ります。

まとめ

一瞬のシャッターチャンスを逃さず撮影するのは、自然を相手にする野外撮影である登山撮影の醍醐味でもあります。突然のシャッターチャンスを捉えるためカメラを取り出すことができる操作性、カメラを衝撃から守るクッション性、軽量性なども考慮して選びたいものです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます